• halfmoonjourney 小川

パッケージデザインとは商品の世界観を届ける事。デザインを作る時は自社のブランドを考えながら作ろう!



こんにちは。東京都・埼玉県の中小企業様向けにデザイン制作をしてます文京区のデザイン会社 Half Moon Journeyです。今回はパッケージデザインを作る時は商品の世界観を考えながら作るといいよという話を書いていこうと思います。



自社で「商品パッケージを作る」となった時、皆様はどのように作られてるでしょうか?こんなのがかっこいいとか可愛いからこうしたいとかイメージ先行でデザインを考えてたりしませんか?ハッキリ言ってしまいますがそれはNG! 良いパッケージを作る方法は「自分がこうしたい」ではなく、「商品の世界観をお客様に届ける」と思って作るといいですよ。


なぜ商品の世界観をお客様に届けると思って作るといいのか?

理由は商品コンセプトに則って作る方が売れる確率が上がるからです。そもそもパッケージを作る以前の商品開発段階において、ターゲット層を探ったり市場ニーズを調べたりして、ある程度売れる確信を持って商品ができるわけですよね。という事はパッケージを作る際も商品コンセプトに則ってデザインを作る方が売れる確率も高いし、商品としてもブレないということになります。


これを自分が思う「かっこいい」や「かわいい」にしてしまうと、アイデア出しの発想段階から全く商品の事を考えていないことになります。わかりますよね、これはマズイです。多分この方法で作っちゃうと商品の事が伝わらないパッケージデザインができる可能性が高い。なのでパッケージを考える際はまず商品の世界観を考えながら作りましょう!

細かなデザインの技法や技術よりそもそもの考え方はとても大事。手を動かす前にしっかりデザインの思考法も取り入れていきましょう。

2回の閲覧
ご相談1.jpg

デザイン事務所HalfmoonjourneyではWEBサイトの制作やランディングページ、パンフレットといったデザインだけでなくパッケージデザインも制作しています。特に中小企業や地方のパッケージ案件のご依頼をお待ちしております。ご相談だけでもOKですのでお気軽にご依頼ください。

パッケージデザイン作ってます!