• halfmoonjourney 小川

正しいデザインディレクションの仕方。デザインを発注する時はここを気をつけよう!



こんにちは。東京都・埼玉県の中小企業様向けにデザイン制作をしてます文京区のデザイン会社 Half Moon Journeyです。今回はデザイナーへデザインの発注をする時のお話をしたいと思います。


よく聞く話として「はじめてデザインを頼むから頼み方がわからない」ということをお聞きします。

「専門的な話が必要そう」と思われてる事が多いですが、実際は割と気さくに話を聞くタイプのデザイナーも多いと思います。また、「どんなことを打ち合わせして、何を話せばいいかわからない」場合も、デザイン制作に必要な事はデザイナーから聞くので特に問題ありません。

なので、実は頼む事自体はかなりハードルは低いと思っていただいて大丈夫なんですが、1つだけ注意してほしい事があります。


デザインはデザイナーに作らせる

注意して欲しい事、それは「デザインの見た目に対してアレコレ言えるのはデザイナーを選ぶ前まで」という事です。

どういうことかというと、デザイナーがデザインを作った後に「これはこの色がいい」とか「花のイラスト入れて」とか、デザインの見た目に対してあまりアレコレ言うのは、良いやり方ではありません。

自分では「理想のデザインを作るため」みたいな思いがあって、アレコレ言うのだと思いますが、これやっちゃうと、デザイナーが発注者のオペレーターみたいになって、実質デザインを作っているのはご自身ということになるので、デザインレベルが素人になってしまうためです。

また、デザイナー自身も自分の好きな物を作るわけではなく、商品や買ってくれるお客様、マーケティングの話などを総合してデザインを作っています。それを個人の好みでアレコレ言うとどうなるか…、分かりますよね。


なのでデザインをデザイナーに発注したら、出来上がった物に対して見た目の話はするべきではありません。「じゃあ自分の好みに合うデザインを作ってもらうにはどうすればいいの?」という場合は、ズバリ「デザイナーの作品を見て、自分の好きそうなテイストを作れるデザイナーに依頼する」のです。


先程、出来上がってきたデザインに対してアレコレいうのはあまり良くないと書きましたが、デザイン制作前、デザイナーを選んでる時点では、ある程度理想のデザインを作れるデザイナーを探して良いです。

実は僕はこの部分こそデザインディレクションだと思っており、自分の思うデザインを作れるデザイナーを起用することこそ、「デザインを選んでいる」と思っています。先述した通り、僕は一度発注するとあまり細かい事は言いません。また、出来上がってきたデザインに対しても、コンセプトに沿っているか、文字に間違いはないかくらいしか見てなくて、デザインのモチーフがどうだとかは言ったりしません。

僕自身もデザイナーをやっているので、それが一番良いやり方だと思っているのでこういう方法を取る訳ですね。


「どのデザイナーを起用するか?」実はデザイン制作において、デザインを決める一番の重要な部分は実はココです。発注の際はぜひ覚えておいて欲しいなぁと思うデザインディレクションのあり方でした。



デザイン会社 Half Moon Journey では商品やイベントのビジュアル作りやHP、バナー、ポスターなどの制作を行っております。HPだけ、パッケージだけ、などではなくまとめてお願いする事も可能ですのでご興味のある方は下記WEBサイトより概要ご覧ください。

https://www.halfmoonjourney.com/service


閲覧数:2回