• halfmoonjourney 小川

商品を売る時は「商品」ではなく、「世界観」で売ると興味を持ってもらいやすい


色々な物を販売している(総合雑貨?)ロフトが新しい試みを始めたようです。

売り場の一角を商品やサービスのプロモーションの場として貸し出すサービスを開始したようです。

・メイソンジャーとフルーツリキュール

・新生活とケーブルテレビ

・ハロウィンとauスマートパス(KDDIの有料会員制サービス)

といった組み合わせが成功しているようですが、

この話を聞いて広告や商売で昔から言われていることを思い出しました。

上記の商品をイベントや他商品と組み合わせることなく販売すると

たぶん売るのがぐっと難しくなると思います。

というのも「物を単体で売る」と純粋に自分が欲しいと思っていたものかどうか?

だけになり、売れる層の幅がピンポイントに狭くなると思います。

しかしながらロフトのようにイベント+商品での販売であれば

実は売っている物は「商品」ではなくて「商品を使って理想のライフスタイルを送る自分」や

「商品があればこんなステキな生活ができる」雰囲気や体験を売ることになります。

つまり前述の「物を単体で売る」に比べて、ライフスタイルの提案が自然に入るので

別に欲しいと思っていなかった人達にもプレゼンできて「実は欲しい」と思わせたり、

買うか迷っている人も「憧れ」のような感覚を抱かせて購入させることができます。

いわゆる高級ブランドに憧れて購入する感覚に似ているように思います。

これが先に書いた「広告や商売で昔から言われていること」で、

営業の方であれば商品ではなく自分を売り込めということであったり、

デザインの世界で言えば、まずはファンになってもらおうというブランド体験の話であったり、

商売の話で言えばフロントエンド戦略であったりと

考えてみると商品そのものを売ることって意外にないなぁという感じです。

特になんでも売ってるロフトであればこの商品プラス何かの組み合わせがうまそうなので

ロフトとPRしたいメーカー側、どちらにとっても満足度の高い媒体になりそうな感じがあります。


8回の閲覧

デザインについてのご相談に1時間、¥2,000にてご相談お受けします。具体的なアイデアがない状態からのご相談で全然大丈夫ですのでお気軽にご連絡ください。はじめての方でも極力難しい話はしないように心がけております。

【ご相談いただける内容】

・​はじめてのデザイン制作でなにからやればよいかわからない。

・商品やサービスはあるが、どんな風に世界観を伝えればよいのかわからない。

・商品のロゴやパッケージ、チラシなどのご相談 など。

デザインや広告についてのご相談・ご質問をお受けしています。

お気軽にご連絡ください。

(1時間/¥2,000)※初めての方のみのサービスです。

© 2020 Half Moon Journey. All rights reserved.