• halfmoonjourney 小川

Adobe TypekitがAdobe Fontsへ変更


グラフィック・UI系のデザイナーならほとんどの方が利用しているであろうAdobe CC。

それに付属していたTypekitがこの度Adobe Fontsへ名称変更したようです。

それで名前が変わっただけでなく、地味にすごいのがWebフォントとして使った場合のページビュー制限が撤廃されたことです。僕も今までWebサイト制作で「このフォントWebでも使いたいな。でもビュー制限があるから毎月お金かかるなぁ。」みたいに思ってたところがあったんですが、今後はその心配もなさそうです。

フォントって地味ですけど全体の印象に非常に大きな影響を与えますし、このフォントの差が全体のデザインが洗練されてるかどうかの重要なファクターだったりもするので、今回の変更は大変ありがたいことだと思ってます。

(Adobe公式)

https://blogs.adobe.com/creativestation/dtp-typekit-is-adobe-fonts


0回の閲覧

デザインについてのご相談に1時間、¥2,000にてご相談お受けします。具体的なアイデアがない状態からのご相談で全然大丈夫ですのでお気軽にご連絡ください。はじめての方でも極力難しい話はしないように心がけております。

【ご相談いただける内容】

・​はじめてのデザイン制作でなにからやればよいかわからない。

・商品やサービスはあるが、どんな風に世界観を伝えればよいのかわからない。

・商品のロゴやパッケージ、チラシなどのご相談 など。

デザインや広告についてのご相談・ご質問をお受けしています。

お気軽にご連絡ください。

(1時間/¥2,000)※初めての方のみのサービスです。

© 2020 Half Moon Journey. All rights reserved.