• halfmoonjourney 小川

Adobe TypekitがAdobe Fontsへ変更


グラフィック・UI系のデザイナーならほとんどの方が利用しているであろうAdobe CC。

それに付属していたTypekitがこの度Adobe Fontsへ名称変更したようです。

それで名前が変わっただけでなく、地味にすごいのがWebフォントとして使った場合のページビュー制限が撤廃されたことです。僕も今までWebサイト制作で「このフォントWebでも使いたいな。でもビュー制限があるから毎月お金かかるなぁ。」みたいに思ってたところがあったんですが、今後はその心配もなさそうです。

フォントって地味ですけど全体の印象に非常に大きな影響を与えますし、このフォントの差が全体のデザインが洗練されてるかどうかの重要なファクターだったりもするので、今回の変更は大変ありがたいことだと思ってます。

(Adobe公式)

https://blogs.adobe.com/creativestation/dtp-typekit-is-adobe-fonts


8回の閲覧
ご相談1.jpg

デザイン事務所HalfmoonjourneyではWEBサイトの制作やランディングページ、パンフレットといったデザインだけでなくパッケージデザインも制作しています。特に中小企業や地方のパッケージ案件のご依頼をお待ちしております。ご相談だけでもOKですのでお気軽にご依頼ください。

パッケージデザイン作ってます!