デザイン制作についての基本の考え方2

December 4, 2015

前回「デザインを作る際に一番最初に考えること」を書きましたが、今回はその続きを書いていこうと思います。

前の回では「デザインを考える際は自我を捨てて、お客様の求めるデザインをイメージする」というお話を書きましたが、次は「媒体を選ぶ」ことを考えるべきと思います。
一般的には自社HPがあるのなら最初にリスティング広告やバナー広告を出すことを考えると思いますが、業種によってはチラシや会社案内・商品紹介のパンフレットを並行して作ることもおすすめします。
ちなみにチラシが必要だと思う業種は飲食店、パンフレットが必要だと思う業種はB to Bや営業マンが実際にお客様と会ってお話するような業態の会社です。

それぞれ必要な理由は…、
飲食店→WEBで宣伝してもお店に来るのは近所の人なので、お店の外を歩いてる人にチラシ配ったほうが見込み客としては優秀だと思う。
注)でもfacebookやインスタグラムで料理写真あげたり、今週のおすすめを出したりするのも絶対やったほうがいいと思う。

パンフレット→営業マンが手持ち無沙汰でお客様のところへ行くよりは、なにかあったほうが話がしやすいと思う。i Padで見せることも増えたが直接渡せるものがあったほうがいいと思う。「後でPDF送ります。」はお客様にPDFを開かせるまでの手間が面倒のように思う。
注)でも、すっごいパンフレットが多い営業マンの方は、上記の文章を全て捨ててi Padで楽してほしい。

上記はあくまで私が媒体を選ぶなら…ですが、業種やお客様の特徴で「どの媒体見そうかな?」とイメージして選ぶと良い媒体選びができると思います。また、前回のお話と連動してデザインのことを考えながら媒体も一緒に考えていくとより良い広告ができると思います。

 

 

Please reload

dm_haihu.png
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2019 Half Moon Journey. All rights reserved.