告知だけにデザインが必要なわけじゃない。PRでのデザイン活用のススメ。

October 25, 2019

 

「デザイン」というとすぐにwebサイトだとかポスターなんかの広告を思い浮かべると思いますが、僕はPRでもデザインを使うのをおすすめしています。特にプレスリリースとクラウドファンディングでのデザイン活用はとてもおすすめしています。

 

プレスリリースもクラウドファンディングも事業やサービスの説明が主体になるので基本文章で説明する必要があります。しかし文章だけとなると「どんな事業か?」は理解できますが「事業の魅力」まで伝えるのは難しいです。そこでイベントロゴやメインビジュアルの画像を載せるとかイメージ写真を取り入れるとパッと「見た目」で内容が伝わるようになります。

この「見た目」こそが重要で、説明的文章だけだと「こういうことやります」という内容だけが伝わりますが、デザインを使って事業がこうなりますよと可視化してあげることで「楽しそうなイベントやるんだな」や「面白そう!」といった感情のイメージが伝わります。この「楽しそう」「面白そう」の感情の部分こそ人間が行ってみよう・使ってみようの原動力になることが多いので、ビジネス色の強いプレスリリースもクラウドファンディングと言えどもデザイン要素を取り入れることをおすすめしています。

 

特にクラウドファンディングだと写真に力を入れている方も多いですよね。それと同じで文章とビジュアル、両方で訴求して、より事業の魅力が伝わるPRをおすすめします。

Please reload

dm_haihu.png
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2019 Half Moon Journey. All rights reserved.