top of page
  • 執筆者の写真halfmoonjourney 小川

ロゴのリブランディングについて。明確に上手いと下手の差があるよ。



テレビ東京(テレ東)のロゴが変わりましたね。テレ東と言えば午後のロードショーなんかでお世話になっておりますが(午後のロードショー好き過ぎて公式のTシャツも持ってます)、ロゴのリブランディングは25年ぶりとのことで結構時間経ってたんだなぁと思います。リブランディングのタイミングとしては十分過ぎる時間が経っていますが、新しいロゴを見て安心した気持ちになりました。


変なデザイナー使ってない

安心した理由はこれに尽きます。たまにリブランディングであからさまに違うロゴを作るデザイナーがいますが、クライアントの強い要望があった場合や業態が大きく変わるなどの理由以外で大きく変更することってほぼありません。むしろ「ちょっと変わりましたね」とか「時代に合わせてフォント調整しましたね」くらいに落ち着く方が多いと思います。

これは「みんなが認知してるブランドを引き続き使用しブランド資産を最大限活用するため」で、毎回全然違うロゴにしていたらまた最初から認知してもらうまでロゴを広告しないといけないので大変な時間と広告費を要します。なので「ちょっと古くなってきたな」という部分に手を入れて現代版にアップデートするのがリブランディングで多い作業となります。

なのでテレ東の新しいロゴをぱっと見て「すっごい変わった感がない」のでとても安心しました。


テレ東の新ロゴは好き

テレ東の新ロゴは「親しみやすさ」にかなり振ってるなぁと思ってます。まずはTV TOKYOと英語だったロゴを日本語でみんなが呼んでる「テレ東」に変えたところ、フォントも角丸があるところ、ブランドカラーの赤色がピンク色になってるところと、従来に比べて「声のかけやすい奴」的なイメージになっています。バナナのキャラクター「ナナナ」も親しみやすいキャラクターですし、各テレビ局のポジショニング的にテレ東は親しみやすさを狙っているのではと思います。


今回のリブランディング良い

テレ東は今回のリブランディングで良い今までのブランド資産を活かしながら狙ったイメージへデザイン調整している感じがあるので、良いリブランディングだなぁと思っています。こういうことができるとリブランディング成功!という感じがしますね。新しいロゴを見て安心した気持ちになりましたし、今後もこういった事例が増えるといいなぁと思ってます。

閲覧数:5回0件のコメント

Comentários


bottom of page