• halfmoonjourney 小川

商品を作った側とお客様では温度差がけっこうあるよ。それを理解して商品パッケージを考えてみよう。



こんにちは。東京都・埼玉県の中小企業様向けにデザイン制作をしてます文京区のデザイン会社 Half Moon Journeyです。今回は商品を作った側とお客様では温度差がけっこうあるよという話を書いていこうと思います。



自信のある商品が出来上がって、いざパッケージを作るとなると、書きたい事っていっぱいありますよね。この特徴は他社に絶対負けないから書きたい。このポイントは作る時苦労したから書きたい、ここの部分もできれば載せておきたい…、などなど。


苦労した商品ほど思い入れも強く、商品パッケージに載せておきたい特徴が満載だと思います。でもちょっと待って!パッケージデザインはあくまで「販売」を補強する要素なので、お客様に「買っていただく」のが目的です。そうなると自分の思い入れよりお客様側の「この商品を使うとこんなに便利」や「今までに比べて美味しいですよ」と言ったメリットを伝える事がとても大事。この部分を明確に理解していないと良い商品パッケージはできません。



商品を作った側とお客様では温度差がけっこうあります

実はパッケージ制作において商品を作った側とお客様では温度差がけっこうあります。作った側はいろんな苦労もあって作ったし、長く制作に関わっていると自然と商品知識も増えて行きます。なので商品パッケージを作る際もその熱意や知識をベースにパッケージを作ろうとします。


対してお客様側は商品を作っていないし、思い入れもない。商品自体にそこまで興味がある訳でもないことが大半です。お客様側が求めるのはメリット。この商品を買うと生活が便利になるとか、今までの価格と同じでより甘い果物とか、そういう部分にフォーカスしてます。なので熱意や苦労は置いておいてメリットをパッケージに書いていかないと相手にされません。


作った側とお客様、残念ですが両者の間にはそれくらい商品に対する温度差があります。作った側としては納得できない思いもあるかもしれませんが、販売の際はビジネスライクに心を割り切ってパッケージを考えないと「売る」ことにつながっていかないのです。



では、商品パッケージに何を書くの?

メリットをパッケージに書けって具体的に何を書いたらいいの?という話ですが、これは商品の「ウリ」になるものがいいと思います。

例えば地域。お米だったら魚沼産コシヒカリとか魚なら大間のマグロ、愛媛みかんなど、美味しいと評価のある地域なら地域名を書くとお客様も「おおっ、いい所のやつだね」とメリットを感じます。


次に特長。他社製品と比べて明確に性能がいいならこれも記載します。例えば電池。「1.2倍長持ち」というキャッチコピーがあればいいなと思いますよね。他にも水あとの残りにくいワイングラスとか2倍巻いてあるキッチンペーパーとか、パッと見で便利とわかるものは引きが強いです。


その他にも有名ブランドであればそのブランド名とか、ご当地キャラで大人気のキャラクターイラストを使えればそれを載せるとか。大事なのは商品制作側の苦労を置いといてお客様のメリット訴求に全振りすることです。

残念ながらお金を支払うお客様は制作側に一切興味がないので、そこを理解してパッケージデザインする事が重要になります。パッケージを作る際は覚悟を決めて心を鬼にして取り掛かりましょう。



以上、今回は商品を作った側とお客様では温度差がけっこうあるよというお話でした。商品制作側にとって、一生懸命作った商品がお客様から見ればそんなに興味がなかったりと、なかなかしんどい内容でしたが商品制作と販売はあくまで別の作業。ここは割り切って販売に特化してみてください。商品が売れて売れてとなればいつの日かステージが上がってブランド商品のようになる物もあります。それに目標に頑張ってみましょう。



デザイン会社 Half Moon Journey ではZOOMなどを使ったオンラインミーティングでデザインの相談を承っております。デザインについてお悩みの際は下記お問い合わせより「オンラインミーティング希望」とご記入の上ご連絡ください。

https://www.halfmoonjourney.com/contact

2回の閲覧
ご相談1.jpg

デザイン事務所HalfmoonjourneyではWEBサイトの制作やランディングページ、パンフレットといったデザインだけでなくパッケージデザインも制作しています。特に中小企業や地方のパッケージ案件のご依頼をお待ちしております。ご相談だけでもOKですのでお気軽にご依頼ください。

パッケージデザイン作ってます!