• halfmoonjourney 小川

新商品ができた時、ブランドとしてデザインを考えたい時にデザイナーで困ってませんか?



こんにちは。東京・埼玉の中小企業様向けにデザイン制作をしてます文京区のデザイン会社 Half Moon Journeyです。今回は新商品ができた時にデザインをちゃんとお願いしたいけど、知り合いにデザイナーなんていないし、作り方もわからない、デザイナーに困ってる、という事はありませんか?というお話をしたいと思います。



Half Moon Journeyでは中小企業様のデザイン支援をメインの仕事として、メインビジュアル開発、HP制作、LP、ロゴ、パンフレットなど各種媒体のデザイン制作をしています。特に新規でご相談が多いのが中小・零細企業やベンチャー企業からのお問い合わせです。

「新商品ができたのでそれのデザインを考えている」「新サービスのデザインがなくてお願いしたい」といったご相談が来る事が多く、次にHP制作だったり、展示会出展のためのパンフレット制作だったり、媒体が決まった状態でご相談いただくことが多いです。


どちらのご相談にしても割と真剣にご相談される方が多く大変ありがたく思っております。そんな時に思うのですが、もっと気軽にご相談に来ていただきたいと思っています。お話を伺うと商品は真面目に良い物を作っており、さらに「これで社会やお客様の生活が良くなる」と信念を持ってお仕事されている方も多いです。

そういった信念のある商品というのは大体の場合において良いデザインになる事が多いです。


デザインというのは商品のコンセプトや理念、特長が狙ったお客様にきちんと届くような伝え方を考える、という仕事なので、良い商品であれば良いデザインができるというのは本来当たり前の事なのです。

ですからHalf Moon Journeyにご相談いただけるような中小・零細企業の方には積極的にデザインを使っていただければと思っています。



デザイン制作で商品デザインが良くなれば営業の際、店頭販売で、展示会で、HPなどでも必ずお客様が興味を持って見てくれる回数が増えます。「デザインなんて見た目をカッコよく見せるだけの薄っぺらいもの」みたいな言われ方をする事もありますが、僕は逆だと思ってます。


デザインにお金をかけず自分や社員でデザインを作った中小・零細企業の商品というのは、どうしても素人臭さが出やすくなります。そうなるとせっかく品質が良い商品でも舐められて見られてしまいます。「名前も知らない中小企業の商品」よりも、デザインまでしっかりした大企業の商品の方が品質に関係なく魅力的に見えるのです。

そこでデザインで「ちゃんとした商品ですよ」「こんな特徴があるんですよ」としっかり説明できた方が売り場で大手企業の商品と同じ土俵に立てるのです、そうなると後は品質勝負になるので、本来の商品ポテンシャルで戦うことができます。



中小・零細企業やベンチャー企業に1番足りない分野は「商品をお客様に伝える」広告や広報といった分野です。こういった分野に目を向ける事によって、より商品販売力の強化につながりますので、良い商品をお持ちだと思う企業様はぜひデザイン会社にデザインのご依頼をして欲しいと思っています。


お役に立てると思ってますし、実際お客様から「デザインを使う事によっていつもと違う層のお客様が来た」などのご感想もいただいています。

4回の閲覧

デザインをはじめて頼む、どんなデザインになるのか不安がある、いくらくらいかかるの?そういった方向けに「とりあえず最初のご相談」や「無料見積もり」ができます。一度ご相談いただいて「依頼できそうだな」と感じましたらご依頼ください。

【ご相談いただける内容】

・​はじめてのデザイン制作でなにからやればよいかわからない。

・デザインっていくらくらいかかるの?

・商品のロゴやパッケージ、WEBサイトなどのご相談 。

あなたの作りたいデザイン無料見積もりします!

(軽い相談も大丈夫です。)