検索
  • halfmoonjourney 小川

スタバのデザイン性と革新性


昔から僕の中で憧れと言っていいほど強いブランド力を発揮してきた企業があります。

「スタバ」です。

はじめて存在を知ったのは東京に来た18歳の頃だと思いますが、

おしゃれな雰囲気で美味しそうなコーヒーを提供しているイメージがあって

いつも店舗の前を通る時は「おしゃれだなぁ」と思っていました。

デザイン的にも「コーヒー」と「手書きのニュアンス」と

言葉にするのが難しいのですが独特の「DIY感」が合わさって

いつでも秀逸なデザイン力を発揮していました。

広告も然りですが、コーヒー豆なんかのパッケージもおしゃれでトーン&マナーも

しっかり守られていてブランドに隙がありません。

昨今では新商品のランディングページやスマホのデザイン(UX)にもそのデザインが脈々と受け継がれ

WEBデザインの分野においても秀逸なんじゃないかと思っています。

・最近はクリスマスシーズンなので「クリスマスラズベリーモカ」のLPですね。

http://www.starbucks.co.jp/cafe/raspberrymocha/?nid=mca_01_pc#matcha

・そしてこのブログを書いていて気付いたんですが、コーヒーサンタというキャンペーンでは

ランディングページになんと動画を用いています。

(そしてこのかわいらしい感じ僕は好きです)

https://gift.starbucks.co.jp/p/coffeesanta?nid=wh_03_pc

このスタバのように昔からデザインにもきちんと目配せして、しっかり作ってきた

企業がWEBデザインに乗り出しても、やっぱりデザインがうまいですね。

こういうのが伝統を守りながら革新的というのかもしれませんが、

今までの物のクオリティを守りつつ積極的に新しい技術も取り組んでいくというのは

大変難しいことなので、頭の下がる思いです。

まだしばらくの間、スタバは僕の憧れのブランドであり続けると思います。


15回の閲覧

© 2019 Half Moon Journey. All rights reserved.